札所巡り他の観音巡り催しもの秩父情報掲示板情報配布
現在位置 : 表紙  > 秩父情報 > 秩父の文化施設 > 秩父美術館
秩父情報タイトル

秩父美術館・仏教美術館

 

近世美術工芸品や仏教資料を展示した総合美術館。施設は、本館、仏教資料館、民俗資料館、ギャラりー、年3回おもに郷土色豊かな特別展を開催する特別催室と常設展示室からなっています。

 

常設展示室では江戸時代の書画・陶磁器を主体として刀剣・漆器・金工など古美術品を展示しています。代表的なものに、円谷応挙筆「梅下雉子」、青手古九谷の大平鉢があリます。

仏教資料館では鎌倉時代から江戸末期の仏像・仏具・経典等を中心に曼茶羅・仏画など、国の内外を問わず重要な仏教美術品を展示。なかでも中国の唐時代の菩薩立像は歴史的にも高い評価を受けています。また、左甚五郎作「風神雷神の木彫寄木姿彫」や、世界最初の経文である貝葉経の原典は貴重な文化遺産の一つでです。

民俗資料館では秩父絹で栄えたころの養蚕具、農具、漁具、生活用具等を展示。農家の生活様式を再現したコーナーでは当時を偲ぶことができます。

ギャラリーでは個展・グループ展等広く市民に開放、貸出しをしています。 尚、敷地内には、秩父巡礼のお休み処ともなっている50席の無料休憩所があり、 隣接する「骨董掘り出し長屋」は、関東一の規模をもつ骨董品の即売場で、古きよき時代の珍品がずらりと勢揃い。好事家には時を忘れさせるとして好評を博しています。

開館時間:
9:30〜17:30

定休日:
毎週火曜日(祝日の場合は会館)
年末年始

入場料:
大人500円
学生(中学生以上)400円
(20人以上の団体は1割引)

見学所用時間:
約1時間

駐車場:
無料駐車場(50台)

所在地:
〒368-0013 埼玉県秩父市永田町7-1
電話0120-35-3233

 戻る

 

Mt.Bukou
 キヤノン電子のホームページへ
Copyright(C) CANON ELECTRONICS INC.2000 STAFF&Spcial thanks