札所巡り他の観音巡り催しもの秩父情報掲示板情報配布
現在位置 : 表紙  > 秩父情報 > 秩父の文化施設 > 秩父市立民俗博物館
秩父情報タイトル

秩父市立民俗博物館

 

この博物館には、「くらし」をテーマに秩父地方の生活に深いかかわりをもつ養蚕・織物を軸に「農家のくらし」及び「商家のくらし」を常設展示しているほか、郷土資料では、秩父事件で農民によって傷つけられた大黒柱や、明治及び大正期の郷土を物語る民族資料が保存されています。

 

民俗博物館は旧大宮学校と旧秩父駅舎の建物から成り立っています。
旧大宮学校は明治17年に建築された全国にも珍しい洋式校舎で昭和43年に現在の位置に移築復元し同年10月1日から開館しています。
旧秩父駅舎は大正3年秩父鉄道が熊谷から延長敷設され、そのときに建築された建物です。 自然光をふんだんにとり入れた中央の吹き抜けの駅舎内と洋風な外観は、秩父の表玄関として長年渡り親しまれてきました。

開館時間:
9:00〜16:30

定休日:
月曜日(祝日に当たる場合はその翌日)
年末年始

入場料:
一般210円(30人以上150円)
高校・大学生150円(30人以上100円)
小・中学生50円(30人以上30円)

所在地:
〒368-0023 埼玉県秩父市大字大宮字東平5663-1
電話0494-24-1360

 戻る

 

Mt.Bukou
 キヤノン電子のホームページへ
Copyright(C) CANON ELECTRONICS INC.2000 STAFF&Spcial thanks